世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。

山中湖湖畔でスポーツを楽しむ

夏になると盛り上がるものとして高校野球があります。地区予選は6月ぐらいから始まり、最終的に優勝が決まるのが8月の中旬です。つまりは真夏の真っ盛りの中を昼間に行っているのです。高校生だから大丈夫なわけではなく、無理をすると熱中症になる生徒もいるようです。水分補給をしっかりしないといけないでしょう。一般の人の場合はあまり暑い時は無理をして外にでないようにしなければいけません。昼に野球なんてとんでもないかも知れません。

でも涼しいところであれば別です。北海道などなら涼しいでしょう。東京から近いところで涼しいところとしては山中湖があります。こちらは海抜千メートルの高地にある湖です。ですから東京の都市部が30度を超えていても20度台のこともあります。朝は少しひんやりすることもあるくらいです。湖の周りは自然が残されているのですが、観光に訪れたりレジャーに訪れたりする人のための施設があります。テニスコートや野球場、サッカー場などもあります。

都市部でそのようなスポーツをしていたらいくら水分補給をしていても大変ですが、こちらなら問題なく行うことができます。野球の合宿をしたり、地域のサッカーチーム同士でこちらに来てプレーをを楽しむことができます。

関連サイト

Copyright (C)2017世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。.All rights reserved.