世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。

山中湖において快適にワカサギ釣りを行う

ワカサギ釣りを行う季節といえば冬です。良く知られる光景としては、氷の張った湖の上で行うものです。厚い氷に穴を空け、そこに釣り糸を垂らします。するとたくさんのワカサギが釣れるのです。たくさん釣れるときはクーラーが必要になるのですがクーラーは必要ありません。氷の上に置いておけば自然に凍ります。保存された状態になるのです。最もしたいこととしてはそこにコンロなどを持ち込んで油で揚げて食べることです。釣りたてを食べられます。

氷が張るくらいの寒いところなのでどのような格好で釣りをしないといけないかは大体想像できるでしょう。普通の防寒具程度ではダメです。釣ったり食べたりするのは楽しいのですが、寒くて辛かったり、トイレが気になることがあります。氷が張らないところでも寒いのは同じです。山中湖においてもワカサギ釣りを楽しむことができるのですが、こちらには快適な船が用意されています。その上から釣りを楽しむことができます。

屋根が付いている船なので雨や雪は関係ありません。また、船内は暖房があります。釣り糸を垂らしている部分から冷たい空気は入りますが、寒空で行うよりはましです。船の中にはトイレもあるので女性でも安心して釣りを楽しめます。

関連サイト

Copyright (C)2017世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。.All rights reserved.