世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。

山中湖でブラックバス釣りならボートを利用する

湖や池で楽しめるフィッシングとしてはブラックバス釣りがあります。大きい物になると50センチ以上のものもいます。小さくてもそれなりに引きがあります。それが楽しめる理由になっているでしょう。また、活餌、生餌ではなくルアーを使うことでも知られています。釣り糸を垂らしているだけではなかなか釣れなくて、以下にルアーを生きているように見せるかで釣果が変わってきます。同じようにしていても、ちょっとした操作で変わるのです。

通常釣りをするとき、ほとりからルアーを投げます。遠くに投げることもできるのですが、もちろん池の真ん中などに投げることはできません。また、ほとりでも深いところだと危なくて入れないこともあります。山中湖でもブラックバスは多く、釣りを楽しんでいる人が多くいます。ほとりからしてもいいのですが、大物を狙うのであれば貸しボートを利用するようにしてみましょう。良く来る人の中には自分でボートを用意している人もいます。

でもボートを持ってくるのは大変ですし、今無ければ購入しないといけません。貸しボートにはモーターが付いたものもありますから、簡単に移動することができます。湖の中から淵を狙って釣れば釣果も上がるかもしれません。

関連サイト

Copyright (C)2017世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。.All rights reserved.