世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。

山中湖で楽しめるボートについて

富士を望む山中湖は人気の観光地です。美しい風景の他、付近の美術館などの施設、そして湖でのレジャーなど楽しみ方は様々なので旅行として泊りでも楽しめます。例えば、船であれば湖を全体的に満喫することができます。大きな遊覧船の他、湖畔の様々な場所で随時出発可能な手漕ぎボートやスワンボート、モーターボートを扱っているところも多いです。手漕ぎボートは文字通り手でこぐタイプです。緩やかな風を感じながらゆったりとした時間を過ごせます。一方スワンボートは足こぎで、ユニークな見た目が特徴です。屋根があるので直射日光をある程度遮ることができます。これらは数人が定員で、自身で動かす必要がありますが、好きな所に行けるというメリットがあります。30分、1時間などの時間制で料金が決まってきます。

モーターボートは管理者の人が運転してくれます。ス遊覧船と同様に面積の大きな湖だからこそ楽しめるものです。ルートとおおよその時間が決まっていて、湖の半分まで往復するコース、一周するコースなどが設定されています。モーターボートを扱っているところは手漕ぎボートを扱うところよりは少ないので事前にチェックすると確実です。金額は場所によって基本的に違いがないので、見たい景色を考慮したり、前後の予定も合わせてアクセスしやすい場所の貸しボートを利用することがおすすめです。

関連サイト

Copyright (C)2017世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。.All rights reserved.