世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。

見どころ遊びどころが一杯の山中湖観光

富士五湖の中で最大の面積を持ち、また最も標高が高い位置にある山中湖。「富士山信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産として世界文化遺産にも登録されています。見どころ遊びどころがたっぷりの山中湖観光における重要スポットを紹介します。花の美しい季節であれば、花の都公園を訪れてみてください。日本一の富士山をバックに、季節ごとに彩りを変える花々が、美しく咲き誇る見事な競演が楽しめる三十万の花の楽園を満喫することができるでしょう。

また、紅富士の湯も素晴らしい癒し観光スポットです。この温泉の全ての浴槽から、素晴らしい富士山を一望することができます。この温泉は、水素イオン濃度ペーハーが10.3の高アルカリ性単純温泉で、美容に健康に、そしてお肌に嬉しい泉質となっています。温泉施設内にある日本情緒豊かな庭園、そして露天風呂を、富士の素晴らしい絶景を一緒に楽しむことができる素晴らしい場所です。また歴史や文学に関心がある方であれば、昭和が生んだ最大の作家、三島由紀夫文学館も外すことはできません。ここでは、三島由紀夫の様々な資料が展示されており、また約54分の紹介映像もあって、文学少年少女の注目のスポットになっています。

Copyright (C)2017世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。.All rights reserved.