世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。

秋の観光旅行の山中湖の乗り物

秋の観光シーズンではロマンチックな世界遺産の富士山周辺の秋の散策も楽しいものですが、富士五湖の中の山中湖という湖には面白い観光用の乗り物があります。これは一度は乗ってみたい乗り物ですが、自動車でもあり船でもあるという水陸両用の乗り物で、山中湖では一番人気の乗り物ではないかと思います。最初は陸の道路を走っていますが、そのうちに山中湖の湖にそのまま入っていくという乗り物です。これは家族連れで子どもたちが面白がるのではないかと思いますが、もともと水陸両用の乗り物に乗る体験自体がないので、一生に一度の体験になるのではないかとも思います。とくに男の子などは夢中になるでしょうし、大人も興味津々ということになると思います。

とくに水の中に入る時の不思議さを体感するのも面白いと思いますが、乗り物自体は非常に安定していて四角い方舟ですが、とても面白いと思いました。この水陸両用バスに乗るだけでも、山中湖の来た甲斐があるということになります。またこの水陸両用バスを利用する場合は、天候なども関係しますし、予約状況などもあるので事前に連絡をして予約をしておくと良いということでしたが、もう10万人以上が体験しているということで、富士山周辺の観光旅行では、必ず体験したいイベントでもあります。

関連サイト

Copyright (C)2017世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。.All rights reserved.