世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。

富士山に近い山中湖の観光

富士五湖の中では山中湖が一番富士山に近い湖ということで、富士山を眺めながらの観光旅行では、楽しい観光になるのではないかと思いますが、今の季節では紅葉の湖を見ることができるということでも、その周辺を含めて楽しめるのではないかと思います。もともと昔は山中湖は川だったということで、太古の昔の富士山の溶岩で川が堰き止められて山中湖もできたということですが、昔は川だったという不思議な湖でもあります。この季節の注目の観光名所といえば富士山をバックにしたもみじ回廊で、この山中湖のもみじ回廊は500メートル、0,5キロもあるということですので、見応えもある紅葉狩りができる観光名所ということになりますが、特に夜のライトアップは美しいのではないかと思います。

場所は旭日丘湖畔緑地公園というところでライトアップは期間限定です。期間は10月24日から11月9日までとなっているようですが、この季節が一番良い観光の時期ということになるだろうと思います。またもみじ狩りということでもみじは一種類だけと思いましたら、この地域で見ることができるもみじは十数種類もあるということで、その点でも色々なもみじを楽しめるということだそうです。その場合にはやはり宿泊をして露天風呂も楽しみながら観光をしないとこの時期では意味がないでしょう。

Copyright (C)2017世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。.All rights reserved.