世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。

山中湖に旅行する時の行き方

富士山及びその周辺が世界文化遺産として登録されてことで、富士山だけでなく富士五湖周辺も旅行先として再注目されています。その中でも山中湖は面積が一番大きく行きやすい場所にあるため人気の観光地です。その山中湖への行き方についてみてみたいと思います。

まず、東京方面から車で行く場合は、最終的には山中湖インターで降りることになります。降りればもう湖周辺です。その山中湖インターへの流れとしては二つルートが考えられます。一つが中央高速道路で東京インターから約70分、河口湖インタ―で東富士五湖道路に入り山中湖まで約10分というルート、もう一つが東京から東名高速で御殿場インターまで行き、そこから138号線を経由して須走インターから東富士五湖インターに入り約10分で山中湖というルートです。

また、電車で行く場合は、JR中央線で大月駅、富士急行線で富士山駅、後は路線バスで山中湖というルートか、JR東海道線で国府津駅でJR御殿場線に乗り換え御殿場駅で降り、後は路線バスで山中湖というルートです。その他高速バスもありますが、いずれのルートを通っても比較的わかり易く行くことができます。さすがに昔からの観光地の貫録だと思います。

関連サイト

Copyright (C)2017世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。.All rights reserved.