世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。

山中湖は紅葉が楽しめる

秋を感じさせるものとしては木々の色があります。緑色だった葉っぱが徐々に色づいてくるのです。緑に徐々に黄色が混じってきます。すべて黄色になったかと思うと今度は赤が混じってきます。黄色と赤が混載している状態がきれいかもしれません。モミジになると、真っ赤になると非常に美しくなります。季節によってはもみじの色が赤黒くなってしまうことがあります。せっかくですからきれいな赤色の時に見に行くようにしたいです。時期を確認する必要があります。

東京から行くのであれば山中湖が人気のスポットになっています。湖の周りには木々がたくさんあり、秋になってくると色づき始めます。こちらにはなんといっても富士山があります。上手くマッチングするように写真を撮影したりするのです。きれいな写真を撮れれば気分も良くなります。昼間であれば、湖に映る紅葉の写真を撮影できることもあります。本物の木々だけだと少ないですが、映ったものも合わせると沢山の紅葉に早変わりです。また夜も楽しみがあります。この湖では、秋になるとライトアップをしてくれます。真っ暗な中に、鮮やかな紅葉が浮き上がるようになるのです。幻想的な光景を見ることができます。昼もいいですし、夜も最高なのです。

関連サイト

Copyright (C)2017世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。.All rights reserved.