世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。

文化の月に訪れたい山中湖の文学館

11月3日といえば文化の日です。そのことから各地で文化的なイベントが開かれることが多くなります。11月3日だけ行われるのは非常に寂しいものです。そのことから地域によっては11月を文化の月のようにしているところもあります。ある地域では日を変えて入館料を無料にするなどして多くの人が文化的なふれあいができるようにしてくれています。有料だと入りづらかったところでも、無料であれば入ってみようと思うかもしれません。

山中湖のほとりにおいても文学作家の文学館などがあります。有名な作家の資料などが展示されたりしているので、その作家のファンだけでなく、日本の文学作品に興味のある人なら一度は訪れたいところになるでしょう。作品自体は本やインターネットから見ることができます。しかし、実際に執筆をした原稿などを見る機会はありません。本においては簡単に書かれているところを何回も修正している部分などを見ることができます。ワープロ等ではないからです。

こちらのいいところは、有名作家の文学館がいくつかあるので、一度に周れることです。出身地などにある場合、そこにはそれしかないことがあります。それよりもまとめて周れるほうが、いろいろなことを吸収することができます。

関連サイト

Copyright (C)2017世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。.All rights reserved.