世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。

山中湖から富士山とお花畑の写真を撮影する

自然の中で美しいものの一つに花があります。色が鮮やかで目立つようになっています。今は人が色を作り出していろいろな表現ができます。でも花はそれ以上に複雑な色を出してくれます。その色を見て感動することもあります。花は一輪でも美しいものですが、集まることによっても別の美しさを出してくれることもあります。花束として美しさを出すこともあれば、お花畑において複数の花が固まって色を作り出していることもあります。大きなお花畑は壮観です。

ただお花畑があるところもいいのですが、それに加えて美しいものがあると更に良くなることがあります。富士山のほとりに山中湖があります。平地に比べると少し高い所にある地域で、花なども平地とは少し違うものが咲いていたりします。ここに非常に広いお花畑があるのです。そしてそのむこうに富士山が見えるようなロケーションがあります。ここで写真を撮影すると、下にお花畑、上に富士山の構図で写真を取ることができるのです。

晴れた日だと、青い空、青い富士山、色とりどりの花、緑色の草の写真になります。人工的なものは一切入ることのない写真になります。時間によっても見え方が異なるので、余裕があれば1日カメラを構え続けたいところです。

Copyright (C)2017世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。.All rights reserved.