世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。

観光地としての山中湖

山中湖は我が国で最も標高が高い山の近くに位置している湖ですが、そこに近いのにも関わらず、対照的に取り上げられることが少ないことから影が薄いという印象を受けます。事実、私もこの湖が我が国で最も標高が高い山の近くに位置しているという話は初めて耳にしたことです。ところがこの湖の観光の団体のホームページを見て、観光地として魅力に溢れている湖だということが判明しました。

湖なので、その周辺に珍しい動植物が生息しています。とりわけ、そこに生息しているマリモは天然記念物に指定されていて、大切にされているそうです。ハクチョウがそこで餌になる魚を獲っていたり、飛んでいたりしている姿を見られるのでバードウォッチングをする場所としてはうってつけです。特別天然記念物のカモシカも見られ、自然の宝庫です。

ハイキングコースのみならずサイクリング専用のコースも設けられています。山中湖の周辺に設けられているのですが、自然に恵まれた道の中を自転車に乗って走るのは最高です。我が国で最も標高が高い山の近くに位置している湖が見えるので山の雄大さを感じながらサイクリングをするのが可能です。これだけ観光地として魅力に溢れているのに知られていないのはもったいないという気がします。

関連サイト

Copyright (C)2017世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。.All rights reserved.