世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。

山中湖では白鳥に乗って白鳥を見に行く

白い水鳥としてはアヒルがいます。くちばしが特徴的で、人から見ると愛嬌があるように見えます。アヒル同士であれば、それぞれ男前やきれいなどがあるのかもしれません。その他に白い水鳥として知られるのが白鳥になります。寒い所に住む鳥になります。日本においては冬に飛来してきて春になるとまた寒い所に行くと言われています。アヒルが愛嬌があるのに対して、白鳥は美しく気品があるように見えます。大人しいので作り物が浮いているのかと思うこともあります。

白鳥が飛来することが知られている湖として山中湖があります。都市部からも気軽に行けるところなので白鳥を見に来る人も多いようです。自然に飛来してきて自然に帰っていくのでいつも見られるわけではありません。見れたらラッキーのこともあります。絶対白鳥を見たい人の場合、その方法があります。但しこの白鳥は通常の白鳥ではありません。非常に大きい白鳥になります。あまりに大きいので、人が乗ることができるくらいになっています。

この白鳥は観光船になります。湖の上を周遊するタイプになっているので、もしかすると白鳥が浮かんでいたり飛んでいる様子が見られるかもしれません。寒い時期になると可能性は高まりますが、暑い時だと難しいでしょう。

関連サイト

Copyright (C)2017世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。.All rights reserved.