世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。

山中湖では紅葉と富士山が楽しめる

秋になると紅葉の名所では多くの人が訪れることになります。紅葉が美しくなるかどうかについては、まずは夏の暑さがあるようです。夏に暑いと葉の成長も良くなります。しかし暑すぎると傷むこともあるようです。適度な暑さが必要になります。そして秋の気温も大事です。昼と夜の寒暖の差が大きくなると紅葉が進み美しくなると言われます。朝は10度以下まで冷えて、昼は20度近くまで上がるような気候だと美しくなりやすいと言われます。

紅葉の名所と言われるところは、紅葉に加えて何かがあるところです。良くあるのは寺社仏閣です。それらと紅葉がマッチするのです。そのことから見たり写真を撮影する人に人気があります。寺社仏閣以外には自然があります。山中湖においては、紅葉が美しく、自然である湖があります。そして日本で最も高くて美しい山である富士山があります。この3点セットをうまく撮影したり見れた時には感動も最高潮に達することになるのです。

朝と昼、夕方、そして夜では見え方が全く異なります。そのために1日中同じ所でカメラをセットしている人がいます。時間の変化ごとに変わる景色を撮影しているのでしょう。思った通りの写真が撮影出来た時は嬉しいです。

関連サイト

Copyright (C)2017世界文化遺産富士に抱かれた山中湖の魅力。.All rights reserved.